薬剤師の仕事場とは?このような場所で活躍している!

病院や調剤薬局で活躍できる

薬剤師というと、病院で働いているイメージを持つ人も多いでしょう。病院で診察や治療受けた後、薬が必要な場合には医師から処方箋が処方されます。院内処方しているところもあれば、病院の近くにある調剤薬局に処方箋を持っていく場合もありますよね。このどちらでも薬剤師が働いています。しかし、薬剤師が活躍できる場は、病院や調剤薬局の他にも沢山あります。例えば、ドラッグストアでどの薬を買えばいいのか悩んだ場合、話を聞き選んでくれる人がいますよね。この薬の相談に乗ってくれる人が薬剤師です。病院とは違い処方箋がないので、症状などをしっかりと聞いて、必要な薬を選ぶのも薬剤師の大切な仕事の1つです。

製薬会社や食品メーカーで活躍できる

病院やドラックストアでは、沢山の薬剤師が働いています。しかし薬剤師の活躍の場はそれだけでなく、他にも沢山あるので、これから目指したい方は知っておくと良いでしょう。薬剤師は製薬会社で働く事ができます。その仕事内容とは、新薬の開発から治験、臨床開発などを任されており、新薬の開発となると長期に渡った仕事になります。また、製薬会社以外でも、食品メーカーや化粧品メーカーなどでも薬剤師を募集しています。このように薬剤師と言っても接客から開発まで、仕事の内容は多岐にわたっています。仕事場所によって、仕事内容は大きく変わってきますので、自分はどのような職場で活躍したいのかによって選ぶ事ができるでしょう。病院やドラッグストアは全国どこにでもあるので、働く場所にはそれほど困らない職業だとも言えます。

薬剤師の派遣の仕事内容は、それぞれの勤務先によりますが、薬学に関する知識を活かすために、就業先の選び方にこだわることが良いといえます。