保育士になるために!現場に出る前にこれだけはマスターしておこう!!

ピアノはしっかりマスターしておきましょう

保育士の仕事は子供と関わることがメインであるといえますが、実は現場に出ると、ピアノが苦手な保育士はかなり苦労することになるでしょう。子供と保育所で1日過ごす中で、朝の歌、昼食時の歌、帰りの歌など様々な歌を歌います。これらのほかにも季節に合った歌など、多くの歌が取り入れられています。保育士はピアノを弾くだけでなく、ピアノを弾きながら歌を教えたり、ピアノを弾きながら子供に次の歌詞を教えたりしなければなりません。この技はピアノ初心者にはなかなか難しいことであるといえます。

現場に出てからは、子供と関わる部分以外での仕事も多く、なかなかピアノを集中して練習する時間はとれないでしょう。そのため、現場に出る前に、ある程度すらすらとピアノを弾けるように練習しておくことが重要になります。

体力をしっかりとつけておこう

子供との生活は、体力勝負であるといっても過言ではありません。外ではかくれんぼや鬼ごっこなどで一緒に走り回ったり、夏場にはプールの時間も組み込まれているので、1日が終わったころにはへとへとになってしまうこともあります。そして保育所などの集団生活を送る場では、インフルエンザなどの感染症や風邪などが大流行します。しっかりと体力をつけていなければ、子供からすぐに風邪うつされてしまうでしょう。現場に出てからは、毎日の手洗いやうがいはもちろんのこと、バランスの取れた食事や睡眠をしっかりとることも重要になります。現場に出る前に、しっかりと基礎となる体力をつけておくようにしましょう。

都市部の保育施設では、保育士不足が深刻な状態となっており、大阪でも例外ではありません。そのため、関西地方なら保育士の求人を大阪で探すと、求人を見つけやすくなっています。