外食産業フロア・カウンターで働く3つの適正!

基本は何でも挨拶にあり!挨拶がしっかりできる。

人間関係で最も基本となるのは挨拶ですよね。これは、外食で接客する際にも最も重要なことです。挨拶をはっきり気持ちよくしていると、失敗があった場合にも責められれるリスクが軽減できます。接客時にオーダーミスや配膳ミスなどをしてしまった場合、挨拶さえもしっかりできない従業員に対しては、お客様がクレームを付けやすくなります。なぜならば、お客様に挨拶の時点で不快感を抱かれてしまうと、接する度にその印象を引きずられてしまうからです。逆に、挨拶がしっかりできるとお客様に信頼してもらえることがあり、多少のミスでの大目に見てもらえることも多くなります。

お辞儀は印象良くする?会釈がしっかりできること。

お客様はこちらが思っている以上に接するスタッフの素振りを見ているものです。実際に、皆さんも言葉遣いはとても丁寧でも会釈一つしない接客を受けたことあるのではないでしょうか。このような接客ではいくら言葉を繕っても歓迎されているという感じは受けませんね。実際に、接客時に会釈をしっかりすることはとても重要です。会釈のポイントはゆっくり頭を下げること。これだけで丁寧な印象を相手に与えることができます。外食においてお客様と接する際にきちんと頭を下げられるというのは大切な資質です。

お会計を間違えないこと!お金のミスは命取り?

多くの人がお会計時にお釣りの確認をすると思いますが、時間に追われている等の理由でお釣りを確認しないお客様もいます。お金については、誰しもが損はしたくないものですよね。ですから、お会計時にお金のやり取りはとても大切。特に、お釣りのやり取りがしっかりできることは重要です。実は、お釣りは少ないことよりも多く渡してしまうのも問題になります。店は、その日の収支を毎日確認しているのですが、毎回欠損が多いスタッフは、最悪、辞めさせられてしまうこともあります。以上のように、お金に関しては金額を間違うことなく扱えることが非常に重要な適正となります。

景気の良い産業が盛んな地域の工場の求人は多くあります。例えば、愛知県豊田市の自動車関係の工場は待遇も良く、付近も活気に溢れています。